ヘリオス/セレネシリーズ

MH3(G)でボスを務めた古龍「ナバルデウス」の素材を使用して生産可能な装備です…とは言ってもMH4G以降の作品に関してはナバルデウスが登場しておらず、素材をどこからか調達して作ることになります。

また、男性装備は「ヘリオス」、女性装備は「セレネ」とハンターの性別によって装備銘が異なりますが性能差はありません。

MH3G

ヘリオスシリーズ

剣士

ガンナー

ナバルデウスの素材を使用して生産可能な上位装備で、ギリシャ系の神話をモチーフにしたかのような見た目となっています。

一式装備時の発動スキルは破壊王耳栓水属性攻撃強化+1悪霊の加護であり、装備のイメージとは裏腹に悪霊が憑いているようです。

素の状態だとやや扱いづらいですが、装飾品を使って悪霊の加護を消しつつ耳栓を高級耳栓へレベルアップさせることができれば、防御面は盤石なものとなるでしょう。

ヘリオスXシリーズ

剣士

ガンナー

ナバルデウスの素材を使用して生産可能なG級装備です。デザインはコンセプトから変化しており、ギリシャ系からエジプト系にシフトしました。

発動スキルは高級耳栓破壊王覚醒悪霊の加護となり、相変わらず悪霊に憑かれていますが上位装備よりも汎用性の高いスキル構成とはなっています。

匠(剣士)スタミナ(ガンナー)のスキルポイントが+4〜5ほど付いており装飾品や護石で切れ味レベル+1/ランナーのスキルを発動させやすくなっているため、余裕があれば発動させておくと狩猟が楽になるでしょう。

ヘリオスZシリーズ

剣士

ガンナー

ナバルデウス亜種の素材を使用して生産可能なG級装備で、見た目は原種G級装備であるヘリオスXの色違いです。

発動スキルは高級耳栓水属性攻撃強化+1斬れ味レベル+1(剣士)/装填数UP(ガンナー)なまくら(剣士)/反動軽減-1(ガンナー)となっており、マイナススキルのデメリットが大きく素の状態だと性能をフルに活かしにくいです。

ガンナーの場合は抑反珠を1つ付けることで解消できますが、剣士の場合は斬鉄珠に匠-1が付いていることから装飾品でカバーしようとした場合に斬れ味レベル+1も消してしまうため、護石を利用するのが最適解です。

MH4G

ヘリオス/セレネシリーズ

剣士

ガンナー

集☆7「高難度:恐怖と暴動の2頭狩り」をクリア後に竜人問屋でイビルジョーの素材と交換可能なナバルデウスの素材を使用して生産できる上位装備で、見た目はMH3Gのヘリオス/セレネシリーズと同じです。

一式装備時の発動スキルは耳栓破壊王水属性攻撃強化+1悪霊の加護と、MH3Gの時と同じく装飾品でテコ入れをしないとやや扱いづらい印象です。

ヘリオスX/セレネXシリーズ

剣士

ガンナー

G☆3「天見るごとく触を見し」をクリア後に竜人問屋で「渾沌に呻くゴア・マガラ」の素材と交換可能なナバルデウスの素材を使用して生産できるG級装備で、見た目はMH3GのヘリオスX/セレネXと同じです。

発動スキルは高級耳栓水属性攻撃強化+2ランナー破壊王悪霊の加護となり、マイナススキルの削除はほぼ必須ですが上位装備と比べれば大分扱いやすくなりました。

なお、頭と脚に匠(剣士)/装填数(ガンナー)のスキルポイントが+2ずつ付いているため、手持ちに良い護石があれば斬れ味レベル+1/装填数UPといった強力なスキルを追加できるかもしれません。

MHXX

ヘリオスX/セレネXシリーズ

剣士

ガンナー

「モガの村長の息子の依頼5」(G★4 孤島で遭遇!獰猛な雷狼竜)をクリアすることで生産可能なG級装備です。見た目はMH4G以前のヘリオス/セレネシリーズ(上位装備)と同様でギリシャ系のデザインとなっています。

一式装備時の発動スキルは高級耳栓属性攻撃強化連撃の心得悪霊の加護であり、手数武器との相性が良いスキル構成です。

空きスロットが全部位合わせて4つと少ないですが、悪霊の加護は発動させ続けるにはデメリットが大きいので優先的に削除しておくべきでしょう。

タイトルとURLをコピーしました